お花のギフトは人生のあらゆるシーンに欠かせない大切な贈り物です。そのシーンに合ったお花を贈りたいですね。

menu

花のギフト花の贈り物

切り花を長持ちさせる方法

花を贈るなら日比谷花壇

★花を生ける前に切り口を新しくして、水を吸いやすくする。

わざわざ水切りしなくてもこれだけでも大丈夫です。
茎を斜めに切ると導管と水が接する面積も大きくなって水を吸いやすくなります。

★清潔な器に入れ、水を清潔に保つ。

バイキンを防ぐために水は濁る前に取り替えて清潔に保ちましょう。
特に夏場などは毎日取り替えましょう。
水に浸かる部分の葉っぱは取っておきましょう。

水を変える時は茎のヌメリもよく洗って茎を5mm~1cmほど切って切り口を新しくします。
これを 『切り戻し』 といいます。

★エアコンの風を当てない

花が早く傷みますので、冷暖房の風があたらない所に置きます。

★涼しい場所に置く

あまり日当たりが良すぎて温度が上がると水の中の細菌が増えてしまいます。

★葉や小さい蕾は取る

本来、水を吸うべき根がない切り花は水をたくさん吸えません。
なので葉っぱがついたままだと、葉っぱから蒸発してしまう水の方が多くなるので
がなくなってしまいます。
さらに、たくさんつぼみがついていても根から栄養を吸収できないため、
花を咲かせることができません。
他の蕾を咲かせるためにこの小さすぎる蕾は取り去りましょう。

★花殻はこまめに取る

枯れた花からは、エチレンガス = 老化ホルモン が出ます。
この老化ホルモンには、実を熟す作用があるのです。
花が枯れると実を作るために栄養がまわってしまうので、
花を長く楽しみたい場合には、咲き終わった花を取ってしまいましょう。
これは切り花でも鉢花でも花壇の花でも同じです。

永遠に咲く魔法の花「プリザーブドフラワー」【日比谷花壇】